症例写真

症例写真

目の左右差を綺麗に

二重術・目頭切開・涙袋・眼瞼下垂 50代 / 女性
施術内容
眼瞼下垂(切開法/腱膜縫縮法)

患者様は50代女性です。
「目(まぶた)の開きの左右差」でご相談いただきした。左側の眼瞼下垂があり、『切開法による眼瞼下垂症手術』を行いました。(その他、瞳孔の左右差(軽度の縮瞳)もあり「Horner's triad」が疑われる所見です)

Before
術後1ヶ月

左右差が綺麗に改善していますね。
左目が改善することで両側の眉毛も下がり楽になっています。
とても良い仕上がりです。
是非、私の公式ブログ・インスタグラムもご参照ください。

東京院副院長兼 日本形成外科学会認定施設教育関連(美容外科)担当 横浜院 福岡院医師
東京院副院長兼 日本形成外科学会認定施設教育関連(美容外科)担当 横浜院 福岡院医師
牧野 陽二郎 医師

眼瞼下垂(切開法/腱膜縫縮法)

処置方法 上まぶたの皮膚を切開し、緩んだ挙筋腱膜を縫い縮める。適宜、皮膚、眼輪筋、眼窩脂肪、瞼板前組織を処理。
リスク・副作用 術後の腫れ、痛み、内出血、目の開きや二重幅の左右差、傷痕、二重の消失、シスト形成、ドライアイ、視力の変化、眼瞼痙攣。
費用 300,000円

合計金額/300,000円(330,000円)

※()内は税込みの金額です。

※料金、リスク・副作用、施術内容は登録時点での情報となります。最新の情報はクリニックへお問い合わせください。

「眼瞼下垂(腱膜縫縮法)」を
もっと知りたい方はこちら