症例写真

症例写真

ダウンタイムが最小限な二重形成

二重術・目頭切開・涙袋・眼瞼下垂 20代 / 女性
施術内容
マイクロメソッド+α

患者様は20代女性です。
“目元の左右差”、“マブタのまつ毛への被さり”があり、二重埋没法での調整をご希望されました。
ダウンタイムが最小限な『マイクロメソッド+α』を行いました。

before
After(直後)

手術直後ですが内出血・腫れなどもなく自然な二重になっていますね。目も大きく見えます。
手術直後ですので仕上がりより少し高いラインの二重ではありますが、数日で綺麗に馴染んできます。

東京院副院長兼 日本形成外科学会認定施設教育関連(美容外科:現連携候補施設)担当 福岡院医師
東京院副院長兼 日本形成外科学会認定施設教育関連(美容外科:現連携候補施設)担当 福岡院医師
牧野 陽二郎 医師

マイクロメソッド+α(PVDF)

処置方法 ブジーシミュレーションした希望のラインに沿って、特殊な専用の極細糸で数点で固定し、重瞼を作成する。
リスク・副作用 術後の腫れ、痛み、内出血、左右差、後戻り、シスト形成、異物感、ドライアイ症状、眼瞼痙攣。
費用 165,000円

合計金額/165,000円(181,500円)

※()内は税込みの金額です。

※料金、リスク・副作用、施術内容は登録時点での情報となります。最新の情報はクリニックへお問い合わせください。

「二重術(埋没法):マイクロメソッド+α」を
もっと知りたい方はこちら